Pocket

目の老眼は、さまざまな原因で起こります。加齢による原因や、目の疲れや紫外線などにより活性酸素が多く発生して、そのために老眼を進行させてしまうことがあります。
普通は、目のピント調節機能が鈍くなってくるので、市販の目薬などで対応する場合が多いようですが、それは、老眼の対症療法にしかすぎません。

細菌やウィルスなど病気を発生させる微生物が呼吸とともに肺の中へ忍び入って感染した結果、左右いずれかの肺が炎症反応を呈示している事を「肺炎」と診断しています。
男性だけにある前立腺という臓器は活動や成長にアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても密接に関わっていて、前立腺に発現したガンも同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの働きによって大きく成長してしまいます。
日々繰り返される規則正しい生活の保持、腹八分目を心がけること、適切な運動や体操など、古典的とも言える健康に対する留意がお肌の老化防止にも関係するということです。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いのでオゾン層で一部分が吸収されますが、地表に届いたUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を壊すなど、皮膚に悪い影響を与えることになります。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、5日前後きちんと処方薬を飲めば、大抵、90%近くの人の自覚症状は消え去りますが、イコール食道粘膜の腫れや発赤などの炎症が完全に治癒したとは言い切れないので気を付けましょう。
体重過多に陥っている肥満は勿論あくまで食事内容や運動不足が誘因ですが、同量のごはんでも、せっかちに食べ終わる早食いを日常化することで脂肪過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。
肝臓をいつまでも健やかに保持し続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が下がらないようにすること、要するに肝臓のアンチエイジング対策に地道に取り組むことが重要だと言われています。
抗酸菌の結核菌は、患者さんがゴホゴホと咳き込むことで外気に排出され、空中にフワフワ浮いているところを今度は違う人が吸い込むことで次々に感染します。
20~30才代で更年期がやってきたとすれば、医学用語ではPOF(Premature Ovarian Failure)という女性疾患に当てはまります(日本においては40才未満の女性が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(そうはつへいけい)」と称しています)。
食事の際は、食べようと思った物をなんとなく口へ運んで幾度か咀嚼して飲み下すだけだが、そのあと身体はまことに律儀に機能し続けて食物を身体に取り入れる努力を続ける。
よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の中の空間が狭くなってしまって、血流が途切れ、栄養や酸素を心筋に届けられず、筋肉細胞そのものが死んでしまう大変深刻な病気です。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法としてはほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング」とグラフトを用いる「冠動脈大動脈バイパス移植術」の2種の手術が精力的に活用されています。
うす暗い場所では光量が足りなくてものが見えづらくなりますが、より瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに不必要な力が使用され、日の差す場所でものを見るより疲労が大きくなるのです。
急性中耳炎は、最も多い中耳炎で比較的幼い子供によくみられます。激しい耳の痛みや38℃以上の発熱、ひどい鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などのありとあらゆる症状が出るのです。
ミュージックライブの開催される場所やダンス広場などにあるすごく大きなスピーカーの近くで大音量を聞いて耳が遠くなってしまうことを「音響外傷」と言います。